微積分に強くなる その意味と考え方

ブルーバックス
ビセキブンニツヨクナルソノイミトカンガエカタ
微積分に強くなる その意味と考え方
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

微積分の考え方の基礎とは微積とは何なのか。微積がどのように理解されているのだろうか……そして「私にとっても微積とは」……こうした背景の下に書き下したのが本書である。ねらった的を一言でいえば“微積分、正体みたり、はさみうち”である。微積というと、極限の考えがその基礎となる。これを、未知のものを、既知のものではさみこむ操作としてとらえたのである。当然のことながら、いろいろな不等式が活躍するのである。


微積分の考え方の基礎とは
微積とは何なのか。微積がどのように理解されているのだろうか……そして「私にとっても微積とは」……こうした背景の下に書き下したのが本書である。ねらった的を一言でいえば“微積分、正体みたり、はさみうち”である。微積というと、極限の考えがその基礎となる。これを、未知のものを、既知のものではさみこむ操作としてとらえたのである。当然のことながら、いろいろな不等式が活躍するのである。詳しくは、本文を読んでいただきたい。(はじめにより)

目次

  • 1 面積から定積分へ(はさみこみの原理)
  • 2 接線;微分係数から微積分の本質へ(局所近似の考え)
  • 3 関数空間(その開拓と造成)

製品情報

製品名 微積分に強くなる その意味と考え方
著者名 著:柴田 敏男 装丁:市川 英夫
発売日 1981年10月16日
価格 定価:1,034円(本体940円)
ISBN 978-4-06-118078-9
通巻番号 478
判型 新書
ページ数 258ページ
シリーズ ブルーバックス

書店在庫を見る