エントロピーとは何か 「でたらめ」の効用

ブルーバックス
エントロピートハナニカデタラメノコウヨウ
著:堀 淳一 装画:鈴木 吉男
エントロピーとは何か 「でたらめ」の効用
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

エントロピー的な力とは何か?
気体を箱に入れると、箱のカベに中から圧力がかかる。分子的な立場からいうと、気体がひろがろうひろがろうとするのは、分子がはげしく走りまわっていて、スキさえあれば遠くへ遠くへ脱出しようとするからである。ところが一方、気体がひろがろうとすることと、そのエントロピーを大きくしようとすることとは同じことなのだから、つまりはエントロピーをふやそうとする傾向が圧力となってあらわれる、といってよいことになるわけだ。(本書5章より)

目次

  • 0 でたらめさと複雑さとおもしろさ――ちょっと長い導入部
  • 1 でたらめさとは何か?
  • 2 でたらめさを測る――でたらめさと情報量とエントロピー
  • 3 パターンのエントロピー
  • 4 物質系のエントロピー
  • 5 熱力学の第2法則とエントロピー的な力
  • 6 エネルギー的な力とエントロピー的な力とのせり合い
  • 7 秩序から無秩序へ――相転移とエントロピー
  • 8 情報理論とエントロピー
  • 9 文明・生命・環境とエントロピー

製品情報

製品名 エントロピーとは何か 「でたらめ」の効用
著者名 著:堀 淳一 装画:鈴木 吉男
発売日 1979年08月20日
価格 定価:990円(本体900円)
ISBN 978-4-06-117996-7
通巻番号 396
判型 新書
ページ数 244ページ
シリーズ ブルーバックス

書店在庫を見る