新しい科学論

ブルーバックス
アタラシイカガクロンジジツハリロンヲタオセルカ
  • 電子あり
新しい科学論
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

人間にとって科学とは何なのかを考える……自然科学は、けっして人間や人間社会から切り離された、中立の道具などではないのです。良かれ悪しかれ、その時代その社会の基本的なものの考え方、底流となっている前提と結ばれているものなのです。……現代の科学は、その長所も欠点も、わたくしども自身のもっている価値観やものの考え方の関数として存在していることを自覚することから、わたくしどもは出発すべきではないでしょうか


人間にとって科学とは何なのかを考える
……自然科学は、けっして人間や人間社会から切り離された、中立の道具などではないのです。良かれ悪しかれ、その時代その社会の基本的なものの考え方、底流となっている前提と結ばれているものなのです。……現代の科学は、その長所も欠点も、わたくしども自身のもっている価値観やものの考え方の関数として存在していることを自覚することから、わたくしどもは出発すべきではないでしょうか。今日の自然科学は、今日のわたくしども人間存在の様態を映し出す鏡なのです。(本書「第二章」から)

目次

  • 序章 科学的なもの、人間的なもの
  • 1 科学についての常識的な考え方
  •   1.帰納
  •   2.常識的科学観の特性
  • 2 新しい科学観のあらまし
  •   1.文化史的観点から
  •   2.認識論的観点から

製品情報

製品名 新しい科学論
著者名 著:村上 陽一郎
発売日 1979年01月24日
価格 定価:1,012円(本体920円)
ISBN 978-4-06-117973-8
通巻番号 373
判型 新書
ページ数 202ページ
シリーズ ブルーバックス

書店在庫を見る

オンライン書店で見る