量子力学の世界 はじめて学ぶ人のために

ブルーバックス
リョウシリキガクノセカイハジメテマナブヒトノタメニ
  • 電子あり
量子力学の世界 はじめて学ぶ人のために
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

数式のよろいをぬいだ物理学のおもしろさ
《世界と反世界》我々の世界と反世界が出会えば、一瞬にしてすべては光にかわる……
《ニュ一トン力学が面目を失った原子・分子の世界》そこにある美しい自然法則とは何か?
《波であって粒子であるもの》それは逆説でも矛盾でもなかった……
《未知と矛盾の狩人》量子力学が開く新しい世界がここにある……
《基礎知識がなくてもわかるように》配慮され、しかもじゅうぶんな権威をもったこの本は……
《現代人の新しいバイブル》として待望の書である……

目次

  • 1 身近になった量子
  •   1.コーヒーと量子力学
  •   2.見えない世界をたたく杖
  •   3.時は原子がきざむ
  •   4.宇宙の果てが見える光
  • 2 量子はこうして生まれた
  •   1.自然は飛躍する
  •   2.光は波でなかった
  •   3.原子の言葉の解読
  •   4.hが支配する世界
  •   5.ついに量子をとらえた
  • 3 量子力学の考え方
  •   1.粒子がどうして波であるのか
  •   2.“不確かさ”の理論
  •   3.量子の地図
  •   4.因果と量子力学
  • 4 量子は科学を結ぶ
  •   1.電子の雲をあばく
  •   2.雲から手が出る
  •   3.固体のなかの海
  •   4.新しい火の化学
  • 5 量子は可能性を開拓する
  •   1.未知と矛盾の狩人
  •   2.世界と反世界
  •   3.量子が目に見える
  •   4.星の火と量子力学
  • 6 量子は何を教えたか
  •   1.永遠の真理とは
  •   2.量子力学にも限界がある
  •   3.考え方のパターン
  •   4.人間から離れ人間に帰る

製品情報

製品名 量子力学の世界 はじめて学ぶ人のために
著者名 著:片山 泰久 装丁:芦立 ゆうし
発売日 1967年06月28日
価格 定価 : 本体900円(税別)
ISBN 978-4-06-117701-7
通巻番号 101
判型 新書
ページ数 249ページ
シリーズ ブルーバックス

オンライン書店で見る