日本語のこころ

講談社現代新書
ニホンゴノココロ
日本語のこころ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ローマ人が「法」を平等原理とし、キリスト教徒が、「神の前の平等」を築いたとすれば、日本人の平等原理は「和歌」であった。「万葉集」の作者が、兵士・農民から天皇まで、あらゆる階層のみならず、帰化人まで含んでいることが、これを如実に示している。和歌をよくすること、つまり日本語の真髄を体得することで、日本人のアイデンティティは形づくられた。本書は、日本人にとって日本語がもつ独特な意味を、他言語・他民族との比較、和語と漢語の対照など、縦横の引例・傍証で明らかにした注目の労作。

目次

  • ・大和言葉と外来語
  • ・茂吉のグレイトネス
  • ・和歌の前の平等
  • ・「歌の父」なる帰化人
  • ・外来語のはいり方
  • ・言語の前の不平等
  • ・スチーブンソンと三島由紀夫の辞世
  • ・海の記憶・日本人とゲルマン人
  • ・国語教育と外国語教育
  • ・タテ系としての和歌の伝統

製品情報

製品名 日本語のこころ
著者名 著:渡部 昇一
発売日 1974年10月29日
価格 定価:770円(本体700円)
ISBN 978-4-06-115772-9
通巻番号 372
判型 新書
ページ数 213ページ
シリーズ 講談社現代新書

書店在庫を見る