地図の歴史 世界篇

講談社現代新書
チズノレキシセカイヘン
地図の歴史 世界篇
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

未知の土地へのあこがれと征服欲、当時の世界観や測量技術の水準……。1枚の古地図が語りかけるものは無限だ。現代の常識からすれば、奇怪な形の古地図には、しかしこの地球を知りつくしたいという、人間のしたたかな意志が秘められている。さまざまな世界観を示す地図の歴史は、さながら人類の地球征服の絵巻である。本書は、未開民族からメルカトルをへて現代にいたる地図の変遷を、つづった快著である。

目次

  • 第1章 地図の起源
  • 第2章 ギリシア・ローマ時代の地図
  • 第3章 中世における世界図の退歩
  • 第4章 近代地図のはじまり
  • 第5章 地理的発見時代の地図
  • 第6章 世界図における新大陸
  • 第7章 メルカトルから近・現代地図へ
  • 第8章 中国における地図の発達

製品情報

製品名 地図の歴史 世界篇
著者名 著:織田 武雄
発売日 1974年10月04日
価格 定価:792円(本体720円)
ISBN 978-4-06-115768-2
通巻番号 368
判型 新書
ページ数 222ページ
シリーズ 講談社現代新書

書店在庫を見る