兄 小林秀雄との対話

講談社現代新書
アニコバヤシヒデオトノタイワジンセイニツイテ
兄 小林秀雄との対話
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

批評家・小林秀雄は「Xへの手紙」「無常といふこと」「モオツアルト」「考えるヒント」など、作品を発表するたびに、日本の思想界、文学界に大きな影響を与えてきた。本書は、その小林秀雄を実兄にもつ著者が、歴史、ことば、古典、美、読書などについて、小林秀雄と縦横に語り合い、若人の直面する人生の課題に応えた異色の人生論である。難解だといわれる小林秀雄の考えを明らかにした書といえよう

目次

  • ●個性というもの
  • ●ある秋の日に
  •  女性について/恋愛について/愛情について
  • ●美について
  • ●歴史について
  • ●人生とはなにか
  •  青春の力/生きがい/運命をどう考えるか
  • ●若さ
  •  うぬぼれと不安/成功とは何か
  • ●兄の少年時代、青年時代

製品情報

製品名 兄 小林秀雄との対話
著者名 著:高見沢 潤子 装丁:岡田 伴郎
発売日 1970年01月16日
価格 定価:641円(本体583円)
ISBN 978-4-06-115615-9
通巻番号 215
判型 新書
ページ数 237ページ
シリーズ 講談社現代新書

書店在庫を見る