教養としての世界史

講談社現代新書
キョウヨウトシテノセカイシ
教養としての世界史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

現代ほど、あらゆる分野にわたって、世界史的視野というものが必要とされる時はない。ヘーゲル、マルクス、ランケなどによる従来の史観は、第2次大戦後の世界の激変によって、再検討が不可避のものとなっている。本書は、新しい世界史像をもとめて、統一的観点からとらえなおした恰好の入門書である。

世界史は、思うに、成功よりも挫折と失敗の場面を、幸よりも不幸を、はるかに多く呈示します。しかしヘーゲルがいったように、「歴史の幸福なページは空白」かもしれません。変転してやまない世界史を凝視し、しかもそこから未来への前進の手がかりをつかむには、強い精神とたゆまない努力とが必要です。人間は、悠久の昔から今日にいたるまで、一歩一歩、歴史をきりひらいてきました。この力こそは、これからも歴史をきりひらいてゆく力であるはずです。――本書より

目次

  • ●地中海世界――人類の発生とその生活/多彩な歴史を展開したギリシア
  • ●古代のアジア――黄色い大地から生まれた中国/遊牧民族の活躍
  • ●中世のヨーロッパとアジア――ゆらぐ封建社会と十字軍
  • ●近代のヨーロッパ――ルネサンスと宗教改革
  • ●アジアの形勢――中国社会の成熟/最後の征服王朝
  • ●帝国主義の時代――アフリカ・アジアの植民地化/日本の近代化とアジア
  • ●現代の世界――全体主義の台頭/現代の文化

製品情報

製品名 教養としての世界史
著者名 著:西村 貞二
発売日 1966年06月14日
価格 定価:770円(本体700円)
ISBN 978-4-06-115480-3
通巻番号 80
判型 新書
ページ数 221ページ
シリーズ 講談社現代新書

おすすめの本

書店在庫を見る