ドイツ語のすすめ

講談社現代新書
ドイツゴノススメ
ドイツ語のすすめ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

外国を理解するには、その国のことばを学ぶことがいちばんである。本書は、日本と歴史的に関係の深いドイツを知るために、ドイツ語教育の第一人者が、身近な例やユーモアをふんだんにとり入れながら、ドイツ語習得の手引きを示す。文法や動詞変化の規則から入るのではなく、英語や日本語との比較、日常会話の寸描といった、親しみやすい方法で、おのずからドイツ語が身につくよう工夫されている。「藤田のドイツ語」で知られる著者の機知あふれる入門書である。

〈ドイツ語は日本人向き〉――戦争が終わったころ、のみやしらみがわいてたいへん困ったことがあり、当時、アメリカ人が、親切にDDTという白い粉をくれました。おとしよりがよくいったものです。「きょうは、デー・デー・テーの配給だよ。」英語の先生だと、「ディー・ディー・ティー」と発音しなければいけない、といわれるでしょうが、ドイツ語はおとしより流でよいのです。英語ではManを、「メァン」のように発音します。ドイツ語のManは、「マン」でよいのです。「ナマエ」のことをドイツ語でName「ナーメ」というのは偶然の一致ですが、ドイツ語の発音は、とても日本人向きにできているのです。――本書より

目次

  • ●ドイツ語はむずかしい、という思いちがい
  • ●英語とドイツ語
  •  きょうだいのようなあいだがら
  • ●ドイツ文は読みやすい
  •  名詞は頭がみんな大文字
  • ●ヒトラーの功績
  •  亀の甲文字取りやめ
  • ●性の一般的決め方
  •  中途半ぱや奇抜なものは中性
  • ●話してこそことば

製品情報

製品名 ドイツ語のすすめ
著者名 著:藤田 五郎
発売日 1964年12月16日
価格 定価:726円(本体660円)
ISBN 978-4-06-115426-1
通巻番号 26
判型 新書
ページ数 211ページ
シリーズ 講談社現代新書

書店在庫を見る