光源氏の一生

講談社現代新書
ヒカルゲンジノイッショウ
光源氏の一生
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本文学のうえで、光源氏ほど大ぶりで、ゆたかな、陰影に富んだ人間像は、ほかに見当たらない。幼い日の母への思慕、青年期の恋のはなやかさの反面、人間としての、人知れぬあやまち、悩み、挫折を通して自分をみがきあげ、やがて一門の主として成熟していく姿には、尽きない魅力がある。定評ある著者が、光源氏に焦点をあて、源氏物語を現代的に再編成した野心作であり、源氏物語の入門書としても好適である。

わたしの源氏物語――長くて複雑な源氏物語の内容を、大胆にカットしてみました。そして「光源氏の一生」という筋道に、源氏物語の内容を再編成してみました。それが本書です。あるいは、源氏物語の内容から、もっともよく書けている部分を、自由に抜き出して並べ変えてみた、ともいえるでしょう。こういう仕事は、それをする人によって、ずいぶん違った形にまとめられてくると思いますが、わたしとしては、まずこれだけの話は、ぜひ知っておいていただきたいと思った部分を、書きとめました。この本が縁となり、手引きとなって、現代訳によってなりとも、源氏物語の全体を読んでくだされば、たいへん結構です。――本書より

目次

  • ●まぼろしの歌
  • ●母のない子
  • ●異常な恋の経験
  • ●紫の女性
  • ●大きな秘密
  • ●妻の座の争い
  • ●生霊
  • ●須磨の浦波
  • ●光源氏の計画
  • ●晩年の波紋

製品情報

製品名 光源氏の一生
著者名 著:池田 弥三郎(慶応義塾大学教授)
発売日 1964年03月22日
価格 定価 : 本体860円(税別)
ISBN 978-4-06-115402-5
通巻番号 2
判型 新書
ページ数 251ページ
シリーズ 講談社現代新書

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス