男たらし

講談社文庫
オトコタラシ
著:宇能 鴻一郎 装丁:原 弘 装画:杉浦 幸雄
  • 電子あり
男たらし
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

芥川賞作家から官能小説作家へと進んだ大ベテランが描く、江戸の町の四季おりおり、大評判のあたし小説決定版! ーーこの頃めっきり、春めいてきて、砂ぼこりのまじったあったかい風が吹いたりして。桜の蕾も、一雨ごとにふくらんできてるみたい。なんとなく、悩ましくって。女の一人寝がもったいないという気になっちゃうんです。夜なんか、なかなか寝つかれずに、太腿に夜着をはさんで、寝がえりばかり、うってることがある。腰巻をひらいたあそこに、丸めた夜着を、こすりつけるように、したりして、あたしってすごく体がほてる性質なんです。夜這いにくるほど、勇気のある男ってこの長屋にいないのかしら……。

製品情報

製品名 男たらし
著者名 著:宇能 鴻一郎 装丁:原 弘 装画:杉浦 幸雄
発売日 1979年06月19日
価格 定価:616円(本体560円)
ISBN 978-4-06-111866-9
判型 新書
ページ数 270ページ
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る