お菓子の家の魔女

講談社文庫
オカシノイエノマジョ
著:宇能 鴻一郎 装丁:原 弘 装画:金子 國義
  • 電子あり
お菓子の家の魔女
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

芥川賞作家から官能小説作家へと進んだ大ベテランの、妖美異色の伝奇趣味溢れる短編集ーー妻がお菓子を焼いている間に、男はその会に出席したのだった。4人の驕慢な女性たちの白いお尻が、タイツからハート型に露出して輝いている。男は苦しかった。全く自由を奪われて肉体をもてあそばれているのは、えもいえず快よい。(「お菓子の家の魔女」)…鞍馬の山に鬼が出た、という噂が京にひろまった。雪が消えて炭焼小屋に戻ってきた木こりが、小屋の中に恐ろしいものを見た。髪も髯もぼうぼうとのばしたすさまじい男が、人間らしいものをしっかとかかえこみ、股からむさぼり喰っていた、というのである。(「姫君を喰う話」)…など4編。

製品情報

製品名 お菓子の家の魔女
著者名 著:宇能 鴻一郎 装丁:原 弘 装画:金子 國義
発売日 1975年01月22日
価格 定価:528円(本体480円)
ISBN 978-4-06-111758-7
判型 新書
ページ数 250ページ
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る