円地文子 女の繭

講談社文庫
エンチフミコオンナノマユ
著:円地 文子 装丁:原 弘 装画:丹阿弥 丹波子
  • 電子あり
円地文子 女の繭
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

菱川佳世は、銀座「丸藤」専属の若い和服デザイナー。彼女の染めた衣裳を、一流会社の社長夫人・菅野三千代が着ると、人目をそばだてる。生家が西陣の帯地問屋と織元という関係で、三千代の方が年上だが、二人は幼い頃から姉妹のように親しかった。佳世の兄・豊喜は太平洋戦争の軍医で、ある夏、突然帰国する。彼は抑留中のいまわしい経歴から、虚無的な影のある男となっており、佳世はそんな兄の底知れぬ冷たさに幻滅するが、彼の帰還を10年待ち暮して今は人妻の三千代の瞳は、妖しく燃えるのだった。人間に絶望した男を愛のちからで蘇らせる、京おんなの激しくも哀切な恋を描く傑作。

製品情報

製品名 円地文子 女の繭
著者名 著:円地 文子 装丁:原 弘 装画:丹阿弥 丹波子
発売日 1974年04月27日
価格 定価:484円(本体440円)
ISBN 978-4-06-111707-5
判型 新書
ページ数 282ページ
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る