体の中を風が吹く

講談社文庫
カラダノナカヲカゼガフク
著:佐多 稲子 装丁:原 弘 装画:荻 太郎
  • 電子あり
体の中を風が吹く
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

章子は、ぐうたらな夫と別れ、2人の子供をかかえて働く、婦人記者である。わが子の成長を楽しみに生きる章子にも、女としての心のひもじさに耐えきれぬ夜もあった。彼女には、年下の恋人・省吾がいた。誠実な彼は結婚を迫るが、章子は自分の境遇を負い目として応じられない。愛しあい、逢瀬を重ねながら、章子の心は、かたくなに閉されてしまう。そして、上役の世話で、省吾に若い笹子との縁談が起こるのだが……。年上の女の情熱と哀しみを主題に、定年を迎えた隣りの山崎家、そこに同居する共稼ぎの安川夫妻など、善意をもって生きる人々の生活の哀歓を描く、長編傑作。

製品情報

製品名 体の中を風が吹く
著者名 著:佐多 稲子 装丁:原 弘 装画:荻 太郎
発売日 1972年12月16日
価格 定価:506円(本体460円)
ISBN 978-4-06-111659-7
判型 新書
ページ数 214ページ
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る