伯爵令嬢の妖夢

講談社文庫
ハクシャクレイジョウノヨウム
  • 電子あり
伯爵令嬢の妖夢
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

芥川賞作家から官能小説作家へと進んだ大ベテランが、波瀾に満ちた展開のなかに現代の性の本質をさぐる異色の長篇小説ーー旧伯爵家の令嬢という噂と、大学でつねに首席を占めているという評判が、奈緒子の美貌に、さらに神秘的な色どりを添えていた。非の打ちどころない婚約者との結婚も間近だった。しかし、彼女の体内にはもう一人の女、野卑への期待と自由への憧れが秘かに育っていた。結婚式の当日、奈緒子は安定した「幸福」から衝動的に飛び出した。その時から、奇妙な性の冒険がはじまる。静岡、神戸、松山、福岡と、予想もしなかった旅をつづける奈緒子を襲う、倒錯した欲望の奔流、そして彼女を慕う男たちの必死の追跡。

製品情報

製品名 伯爵令嬢の妖夢
著者名 著:宇能 鴻一郎 装丁:前川 直
発売日 1969年06月12日
価格 定価:0円(本体0円)
ISBN 978-4-06-111520-0
判型 新書
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る