女館

講談社文庫
オンナヤカタ
  • 電子あり
女館
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

生まれながらに霊感を与えられた美少女・妙子と、女ざかりの独身女、妙子に仕えて上品な物腰の、女の魅力を持ち続ける老女――「女館」に棲む3人の女と、影の如くつきまとう奇怪な風体の髭の男をめぐって、さまざまな事件が展開する。妙子の霊感で、動かなかった機械が動くようになり、新しい流行色のファッションが作られるようになり、政治家や実業家が、「女館」に日参するようになる頃、妙子は初めての恋に、女として目覚めてゆく。現代の愛と欲望のゆくえを、流麗な筆で捉えた異色長篇小説。

製品情報

製品名 女館
著者名 著:有吉 佐和子 装丁:荻 太郎
発売日 1968年05月07日
価格 定価:440円(本体400円)
ISBN 978-4-06-111449-4
判型 新書
ページ数 178ページ
シリーズ 講談社文庫

おすすめの本

書店在庫を見る

オンライン書店で見る