三百六十五日

講談社文庫
365ニチ
  • 電子あり
三百六十五日
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

見かけは優しいノンキ者の浪人・風雷太郎は、腕がめっぽう強く、天秤棒を振って相手をキリキリ舞いさせる。……浅草の観音さまで敵討の大望いだく町娘・お加代を戒めての帰途、観音さまのお告げだと言いはる拾い屋の忠六のすすめで、花川戸の質屋・倉橋屋の色後家・お浦の用心棒となって、悪旗本・大河原一味をやりこめる。倉橋屋の内部事情は複雑で、先代の息子で今は人別帳から抜かれてしまった兇状持ちの伝吉が、ごろつき浪人を語らっては押しかける。お浦と夫婦になった雷太郎に近づく、料亭・つるやの看板娘・お加代と、女掏摸・裸弁天のお雪など……江戸の四季をいろどる、剣と恋の物語。

製品情報

製品名 三百六十五日
著者名 著:山手 樹一郎
発売日 1967年11月04日
価格 定価:528円(本体480円)
ISBN 978-4-06-111407-4
判型 新書
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る