わんぱく公子

講談社文庫
ワンパクコウシ
  • 電子あり
わんぱく公子
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

わんぱく公子とは、浜町に棄て扶持・五千石の気儘な生活をしている、松平鶴七郎のことである。江川坦庵について西洋流の砲術を、小野派一刀流の浅利又七郎に剣をまなんで、滅法強いが、将軍家御連枝だけに世上の事にはうとい。泥棒のかくし金を探し出す名人が、それを助けて活躍する。わんぱく公子・鶴七郎と忍者とのやりとりなど、これが家斉将軍の子かと思うほどだが、尾州家の駄々姫にはコロリとまいる。金子調達を依頼する棚倉屋の娘誘拐を解決したり、大衆文芸の独擅場ともいうべきお家騒動を中心に展開する道中記のおもしろさは、この作者ならではの時代明朗小説。

製品情報

製品名 わんぱく公子
著者名 著:山手 樹一郎
発売日 1963年05月15日
価格 定価:638円(本体580円)
ISBN 978-4-06-111281-0
判型 新書
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る