隠密三国志

講談社文庫
オンミツサンゴクシ
  • 電子あり
隠密三国志
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

浪人・古賀新三郎と神田連雀町の小料理屋・松葉屋のお葉は、尼ヶ崎藩・松平家の家老・鷲尾刑部の奸策にかかり、隠れ切支丹の汚名をきせられ毒殺された天野屋浪右衛門の遺族と誤解されて、黒い剣風に襲われる。天野屋の埋蔵金100万両の行方を追って、江戸を舞台に、老中・稲垣伊勢守の放った公儀隠密・黒住鬼堂とその一党、鷲尾党の総帥・大倉玄蕃の率いる7人の忍者と、天野屋の娘・千鳥を擁して復讐に燃える天狗党の、三つ巴の乱戦の中に捲き込まれた。古賀新三郎に近づく謎の男・伊太吉に、新三郎とお葉の安否を気づかい、探索の眼を光らす八丁堀同心・清川一馬の活躍……。謎は謎をよぶ、異色時代長篇。

製品情報

製品名 隠密三国志
著者名 著:山手 樹一郎
発売日 1964年03月10日
価格 定価:506円(本体460円)
ISBN 978-4-06-111127-1
判型 新書
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る