原くくる処女戯曲集 六本木少女地獄

星海社FICTIONS
ハラククルショジョギキョクシュウロッポンギショウジョジゴク
著:原 くくる 絵:
原くくる処女戯曲集 六本木少女地獄
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

愛する六本木に捧ぐ。 ――原くくる

六本木の夜。想像妊娠する少女。彼女の“子どもたち”の父親は――誰?
信仰、怒り、そして「許し」。女性が女性であることの原罪……この世のあらゆる“地獄”を詰め切って演劇シーンの未来をノックする若き才能、原くくるが脚本・演出・出演のすべてを務めた衝撃作、『六本木少女地獄』ほか、全五編の戯曲を収録。

製品情報

製品名 原くくる処女戯曲集 六本木少女地獄
著者名 著:原 くくる 絵:
発売日 2011年08月18日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-138811-6
判型 B6
ページ数 344ページ
シリーズ 星海社FICTIONS

著者紹介

著:原 くくる(ハラ ククル)

92年生まれ。東京都出身。現在、都立六本木高校演劇部在籍中。
脚本、演出、出演を務めた戯曲『六本木少女地獄』は2010年度の東京都高等学校演劇コンクールにて教育委員会賞、審査員特別賞、中央委員会賞、アマチュア演劇創作脚本賞を受賞。続く関東高等学校演劇研究大会では優秀賞を受賞。
演劇シーンの未来をノックする旗手として演劇界にデビューを飾った期待の新人。

絵:竹(タケ)

83年生まれ。02年、『クビキリサイクル』(西尾維新/講談社ノベルス)の担当イラストレーターとしてデビューを飾り、その独創的な色彩感覚&デザイン感覚によって熱狂的なファンを数多く獲得する。近刊には『星海社朗読館 「銀河鉄道の夜」』(宮沢賢治/星海社FICTIONS)などがあり、絵筆の領域を着実に広げている。

書店在庫を見る