江戸しぐさの正体 教育をむしばむ偽りの伝統

星海社新書
エドシグサノショウタイキョウイクヲムシバムイツワリノデントウ
江戸しぐさの正体 教育をむしばむ偽りの伝統
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「江戸しぐさ」とは、現実逃避から生まれた架空の伝統である
本書は、「江戸しぐさ」を徹底的に検証したものだ。「江戸しぐさ」は、そのネーミングとは裏腹に、一九八〇年代に芝三光という反骨の知識人によって生み出されたものである。そのため、そこで述べられるマナーは、実際の江戸時代の風俗からかけ離れたものとなっている。芝の没後に繰り広げられた越川禮子を中心とする普及活動、桐山勝の助力による「NPO法人設立」を経て、現在では教育現場で道徳教育の教材として用いられるまでになってしまった。しかし、「江戸しぐさ」は偽史であり、オカルトであり、現実逃避の産物として生み出されたものである。我々は、偽りを子供たちに教えないためにも、「江戸しぐさ」の正体を見極めねばならないのだ。

製品情報

製品名 江戸しぐさの正体 教育をむしばむ偽りの伝統
著者名 著:原田 実
発売日 2014年08月26日
価格 定価:902円(本体820円)
ISBN 978-4-06-138555-9
通巻番号 52
判型 新書
ページ数 232ページ
シリーズ 星海社新書

著者紹介

著:原田 実(ハラダ ミノル)

歴史研究家。1961年生まれ、広島市出身。龍谷大学卒。八幡書店勤務、昭和薬科大学助手を経て帰郷、執筆活動に入る。元市民の古代研究会代表。と学会会員。ASIOS(超常現象の懐疑的調査のための会)会員。日本でも数少ない
偽史・偽書の専門家であり、偽書『東日流外三郡誌』事件に際しては、真書派から偽書派に転じ、以降徹底的な追及を行ったことで知られる。著書は二〇冊を超え、星海社新書でも教養としてのオカルトを論じた『オカルト「超」入門』がある。本書は、ツイッター(@gishigaku)上でもしばしば報告された、「江戸しぐさ」検証の成果を収めたものであり、懐疑的立場から「江戸しぐさ」を論じる初めての書籍である。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス