「15歳、ぬけがら」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
15歳、ぬけがら

 母さんが茶色の紙袋を揺らしてる。  ものすごく久しぶりのハンバーガー。ポテトもある。ドリンクも。つばが出てきて、ガツガツ食べて、ゴクゴク飲んだ。 「そんなにあわてて食べなくても」  母さんは疲れた声で、でも、笑ってた。さびしそうに笑って、ビールをゴクリゴクリとのどに流しこんでいる。  母さんはどうやってこのお金を作ったんだろう。  想像したら、のどが詰まった。食べつづけることを拒否することも考えたけど、いいにおいと食欲に負けた。なにも考えないことにして、久々の味を楽しむ。  すべてを味わいおえたあと、どうしようもなく苦しくなった。ゴミ袋と包み紙が、あたしに問いかけてくる。  おまえは何者だ。なんで、平気で食べられるんだ。  そしてまた、そう思うそばから別の自分が否定する。  考えるな。考えたら生きていけなくなるぞ。                                           ――本文より   母子家庭で育つ中学3年生の麻美は、「一番ボロい」といわれる市営住宅に住んでいる。家はゴミ屋敷。この春から心療内科に通う母は、一日中、なにもしないでただ寝ているだけ。食事は給食が頼りなのに、そんな現状を先生は知りもしない。 夏休みに入って、夜の仲間が、万引き、出会い系とつぎつぎに非行に手を染めていくなか、麻美は同じ住宅に住む同級生がきっかけで、学習支援塾『まなび~』に出会う。 『まなび~』が与えてくれたのは、おいしいごはんと、頼りになる大人だった。