「ポピュリズムと欧州動乱」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
ポピュリズムと欧州動乱

イタリア・オランダ、そしてフランス。
ポピュリズムの波はヨーロッパを覆い尽くすのか?

格差、難民問題を解決できず、党派争いを繰り返す既成政党。
その一方で、トランプと同じように「国益第一」を掲げ、
国民の不満・不安を吸収して大きく成長してきたポピュリズム勢力。
すでに一過性のブームという段階を超え、
政権を担える実力を蓄えつつある。

ポピュリズム勢力は、反イスラム主義、反EUのみならず、
プーチン・ロシアとの密接な関係、
強権的な政治手法も共通点としてあげられるだろう。

そんな彼らが政権を取ることは、ヨーロッパの政治・経済地図のみならず、
ヨーロッパが戦後守ってきた自由・寛容・民主主義といった価値観も
変質することにつながるだろう。

目前に大統領選挙を控え、ルペン・国民戦線の躍進に揺れるフランスを中心に、
歴史の転換点にいるヨーロッパのいまを描き出す。

【目次】
はじめに        
第一章  イスラム過激派の世界から
第二章  『服従』の共和国 
第三章  デカダンスの十年、迷走の四十年  
第四章  先細りする外交大国
第五章  国民戦線はなぜ台頭したか   
第六章  マリーヌ・ルペン権力への道        
第七章  悪魔は本当に去ったのか
第八章  分断、排除、ノスタルジー       
第九章  ワシントン・パリ・モスクワ枢軸          
第十章  混迷の春
第十一章 ロシア色に染まるフランス