「色鉛筆リアル画 超入門」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
色鉛筆リアル画 超入門

質感をとらえるリアルな表現で
まったく新しい色鉛筆画を描いてみよう 

写真のようなリアルな作品を描く色鉛筆画の第一人者 林亮太氏の入門技法書。林作品ならではの、どこか懐かしい身近な風景をモチーフに、樹木のきらめきや流れる川のさざ波など、微妙な質感の現し方を解説しています。今にも電車が通過しそうな踏切が見える「踏切のある路地」、旅先で出会った澄んだ水が流れる川と、そこにかかる石造りの橋を描いた「川のある街」、2つの作品を描き下ろし、構図のとらえ方から下描きの描き方、質感を表現するために色をどのようにのせていくのかなど、ひとつひとつ丁寧に再現していきます。

【主な内容】
 [絵を描く前に]
  ・道具と基本の描き方
  ・色を重ねる=混色の方法 
  ・絵になる構図のとらえ方
 1「踏切のある路地」を描く
  ・グリッドを利用した下描きのコツ  
  ・立体感は黒の陰影で決まる
  ・陽当たりの表現
  ・色の層を削って光を生み出す
 2「川のある街」を描く
  ・薄い色から濃い色へ
  ・川面に映っているもの
  ・白を使うコツ
 3仕上げた作品の楽しみ方
 4作品ギャラリー