「小説の神様」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
  • 特集・レビュー
小説の神様

いつか誰かが泣かないですむように、今は君のために物語を綴ろう。

僕は小説の主人公になり得ない人間だ。学生で作家デビューしたものの、発表した作品は酷評され売り上げも振るわない……。
物語を紡ぐ意味を見失った僕の前に現れた、同い年の人気作家・小余綾詩凪。二人で小説を合作するうち、僕は彼女の秘密に気がつく。彼女の言う“小説の神様”とは? そして合作の行方は? 書くことでしか進めない、不器用な僕たちの先の見えない青春!

お知らせ・ニュース

お知らせ
武田玲奈も涙した感動の青春小説!
新幹線で読んでたら、涙が止まらなくなりました。
一つ一つの文字に力があって素敵な言葉の数々が胸に染み込む!

「そう、だから私は小説を読むんだよ!」って、思わず言いたくなる!
わたしはこの物語で、確かに心を動かされました。

――女優・モデル 武田玲奈
特集・レビュー
講談社社員 人生の1冊【22】『小説の神様』物語を、小説を愛するすべての人へ。
二人が苦しめられてきた軛から脱した瞬間、胸の中がぶわっと温かくなった。まさに小説の神様と表現するほかないような感情の迸りを感じたのだ。
特集・レビュー
「【最高の小説】溢れる想いに痺れる「人間へのラブレター」──読後評価抜群!」