「落語娘」既刊・関連作品一覧

落語娘

呪われた噺に挑む異端の師匠と女前座。落語を愛する人々の物語

『ええから加減』(オール読物新人賞受賞作品を併録)

「たかが前座が、わかったふうなことを言うんじゃないよ」柿紅の声が裏返った。骨の張った頬が憤りで小さく震えている。辺りにたむろしていた真打ちたちは、今では皆、鳴りを静めてこちらを注視していた。だが、香須美は目をそらさなかった。「おっしゃる通りの、たかが前座です。ですが、落語を愛する気持ちなら誰にも負けないつもりです」――<本文より>