「コロボックルむかしむかし」既刊・関連作品一覧

コロボックルむかしむかし

コロボックル――日本の伝説の小人――の世界でも、人間世界と同じように、むかし話やおとぎ話が語り継がれている。コロボックル版の桃太郎や一寸法師、そして神話など。著者から読者への長い手紙も書かれているスペシャル版。そこから、コロボックルの真の姿が明らかとなる。いわば、エピソード・ゼロの物語。『小さな人のむかしの話』改題。 解説:上橋菜穂子

「類稀な物語に出会えた子どもの中に、やがて、自らも素晴らしい物語を紡ぐ人が現れます。この講談社文庫の各巻の解説者の名を見れば一目瞭然ですが、『だれも知らない小さな国』に始まる「コロボックル・シリーズ」もまた、いまは優れた作家となった多くの人々が子どもの頃に出会い、愛し続けている物語なのです」解説で上橋氏がそう書いているように、素晴らしい解説陣にてシリーズが完結!
佐藤さとるさんから直接有川浩さんに書き継ぐバトンが手渡されたコロボックル物語、今からでも遅くありません!

累計260万部の名作、村上勉氏描きおろしイラストと共に全巻絶賛発売中

『だれも知らない小さな国』解説:梨木香歩
『豆つぶほどの小さないぬ』解説:有川浩
『星から落ちた小さな人』解説:重松清
『ふしぎな目をした男の子』解説:中島京子
『小さな国のつづきの話』解説:佐藤多佳子
『コロボックルむかしむかし』解説:上橋菜穂子