「「社会」の誕生 トクヴィル、デュルケーム、ベルクソンの社会思」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
「社会」の誕生 トクヴィル、デュルケーム、ベルクソンの社会思

19世紀フランス、二月革命。そこから人は、超越性に包まれた「世界」から「社会」という概念を生成した。神という超越性に包摂された世界から、社会という観念が切り離されたとき、「社会科学」が生まれた。19世紀フランスに生まれたトクヴィル、デュルケーム、ベルクソンという三者を、ひとつの流れとして読み解く、これまでにない「ユニーク」な思想史! (講談社選書メチエ)


19世紀フランス、二月革命。
そこから人は、超越性に包まれた「世界」から「社会」という概念を生成した

神という超越性に包摂された世界から、社会という観念が切り離されたとき、「社会科学」が生まれた。
19世紀フランスに生まれたトクヴィル、デュルケーム、ベルクソンという三者を、ひとつの流れとして読み解く、これまでにない「ユニーク」な思想史!