「華麗なるギャツビー(英語文庫)」既刊・関連作品一覧

華麗なるギャツビー(英語文庫)

ニューヨークに出てきたぼくは、ベッドタウンに小さな家を借りた。右手にノルマンディ支庁と見まがう豪壮な屋敷があった。党がそびえ、大理石の水泳プールもある。その家の主人が、なぞの人物ギャツビーだった。氏から丁重な招待の手紙を受け取り、パーティにやってきたぼくは、同じテーブルにいた青年から声をかけられた。「私がギャツビーです」。さからえないような満面の微笑が、ぼくに向けられていた。

謎に包まれた男ギャツビー。その微笑と、華麗なる生活に隠された、悲しき情熱とは。