「モリー先生との火曜日(英語文庫)」既刊・関連作品一覧

モリー先生との火曜日(英語文庫)

それは大学卒業後、16年ぶりの再会だった。
難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)に侵されていたモリー先生は、
「あと4ヵ月か5ヵ月の命かな」と言った。
しかし先生は嘆くどころか、人に助けられることを「楽しもう」としていた。

「ミッチ、この病気のおかげで教えられていることとは何か、教えてやろうか」

ふたりだけの火曜日の授業が始まった。
小さなハイビスカスのピンクの花のそばで。
愛、社会、家族、老い、許し、そして死について。

あなたには、本当の先生と呼べる人がいますか?