「ドゥルーズ 流動の哲学」既刊・関連作品一覧

ドゥルーズ 流動の哲学

資本主義を読みとく鮮烈な哲学。ドゥルーズの薫陶を受けた著者がつづる創造的哲学者〈思考の伝記〉。「差異」「リゾーム」「器官なき身体」。独創的なキータームを駆使して、鮮やかにまた精緻に、〈現代〉と〈人間〉を解読しつづけたドゥルーズ。一切を〈流動の相〉からとらえるその眼差しに映った資本主義、権力、性、分裂症の姿は? 限りなく柔軟、限りなく開かれた、斬新で強烈な「民衆的」哲学の全貌。(講談社選書メチエ)


資本主義を追跡し続けた柔軟この上ない思考現代最大の怪物、資本主義。一切を解体し、回収するこの永久運動の根源=流動する欲望を、精神分析学・数学・文学など諸学を駆使して読み解く最先端思想の全貌。