「50枚で完全入門 マイルス・デイヴィス」既刊・関連作品一覧

50枚で完全入門 マイルス・デイヴィス

ビバップからヒップホップまで ジャズを超えた「謎めいた巨人」の壮大な物語 膨大な作品群から必聴盤をズバリ厳選! 初心者にも分かるジャズの歴史と醍醐味! マイルスはその生涯で複数のサウンドトラックを手がけたが、『死刑台のエレベーター』は最初の作品にあたる。またこのサウンドトラックは「マイルスがフィルムを観ながら即興で演奏した」という伝説とともに語られることが多いが、実際は周到な準備のもと、練り上げられた。(中略)おそらく苦労したのだろう、マイルスは録音終了後、「もう2度とこんな仕事はしたくない」と言ったという。また、『死刑台のエレベーター』におけるマイルス自身の演奏は、トランペッターとしての表現力を知る上でも貴重な示唆を与えているように思う。つまり映画のストーリーや場面に合わせて、最もふさわしいサウンドで彩るという、いわゆるジャズトランペッター以上の才能が要求される難題に見事に応えている。 ●チャーリー・パーカーへの反逆 ●理想のパリ、現実のアメリカ ●優雅なジャンキー ●驚くべき記憶力 ●天から降ってきたメロディー ●卵の殻の上を歩く男 ●血まみれのトランペッター ●ジャズを超えた男 ●どこにも分類できない音楽 ●生涯最後の挑戦