時計館の殺人<新装改訂版> 上下合本版

トケイカンノサツジンシンソウカイテイバンジョウゲガッポンバン
  • 電子のみ
時計館の殺人<新装改訂版> 上下合本版
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

鎌倉の外れに建つ謎の館、時計館。角島(つのじま)・十角館の惨劇を知る江南孝明(かわみなみたかあき)は、オカルト雑誌の“取材班”の一員としてこの館を訪れる。館に棲むという少女の亡霊と接触した交霊会の夜、忽然と姿を消す美貌の霊能者。閉ざされた館内ではそして、恐るべき殺人劇の幕が上がる! 不朽の名作、満を持しての新装改訂版。


「針のない時計塔」は何を語る? 百八個の時計が恐怖を刻むシリーズ代表作!

©Yukito Ayatsuji

製品情報

製品名 時計館の殺人<新装改訂版> 上下合本版
著者名 著:綾辻 行人

著者紹介

著:綾辻 行人(アヤツジ ユキト)

1960年京都府生まれ。京都大学教育学部卒業。同大学院博士後期課程修了。在学中は京都大学推理小説研究会に所属する。1987年に『十角館の殺人』でデビュー。「新本格ミステリ」ムーヴメントの嚆矢となる。1992年に『時計館の殺人』で第45回日本推理作家協会賞を受賞。「館」シリーズという一連の長編は、現代本格ミステリを牽引しつづけている。ミステリ、ホラー、怪談など幅広く活躍。2012年に「館」シリーズ9作めとなる『奇面館の殺人』(講談社ノベルス)を上梓。

オンライン書店で見る