希望と殺意はレールに乗って  アメかぶ探偵の事件簿

文芸(単行本)
キボウトサツイハレールニノッテアメカブタンテイノジケンボ
  • 電子あり
希望と殺意はレールに乗って  アメかぶ探偵の事件簿
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

アメリカかぶれの探偵×旧華族のお嬢様
異色のコンビが南信州の鉄道計画を巡る
不可解殺人の真相を追う!

鉄道会社の現役社員で
ドラマ化された『大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう』、
大阪ほんま本大賞受賞作『阪堺電車177号の追憶』の
著者が描く鉄道ミステリー

鉄道建設の陳情で長野の山あいの村から上京中の村会議員が殺害され、裏金が奪われた。
目撃談も証拠も得られず警察が頼ったのは、
人気推理小説家でアメリカかぶれの探偵・城之内和樹と
助手で旧華族のお嬢様・奥平真優。
村へ向かった二人を待ち受けていたのは、鉄道計画を巡り対立する村民、
開発に群がる人々、そして新たな事件だった。
型にはまらない二人の大胆行動と推理で、村に潜む闇に迫る!

謎に次ぐ謎、鮮やかな推理、あふれる旅情。
注目作家・山本巧次の一気読みミステリー!

製品情報

製品名 希望と殺意はレールに乗って  アメかぶ探偵の事件簿
著者名 著:山本 巧次
発売日 2020年01月22日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-518303-8
判型 四六
ページ数 290ページ

著者紹介

著:山本 巧次(ヤマモト コウジ)

1960年和歌山県生まれ。第13回「このミステリーがすごい!」大賞隠し玉となった『大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう』で2015年にデビュー。2018年『阪堺電車177号の追憶』で第6回「大阪ほんま本大賞」を受賞。著書に「開化鐵道探偵」シリーズ、『途中下車はできません』、『軍艦探偵』などがある。現在は鉄道会社に勤務

オンライン書店で見る