ディープインパクト不況 中国バブル崩壊という巨大隕石が世界経済を直撃する

講談社+α新書
ディープインパクトフキョウチュウゴクバブルホウカイトイウキョダイインセキガセカイケイザイヲチョクゲキスル
  • 電子あり
ディープインパクト不況 中国バブル崩壊という巨大隕石が世界経済を直撃する
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 2019年に入り、中国経済の急減速が数字で明白に表れるようになった。
 2019年4月~6月期の経済成長率は6・2%となり、四半期ごとの数字を発表するようになった1992年以来、最低の数字だった。中国の自動車市場の成長にも急ブレーキがかかっている。中国汽車工業協会によると、2019年8月まで14ヵ月連続のマイナスが続いている。
 この中国経済の変調について、日本の超優良企業、日本電産の永守重信会長は、2019年1月に緊急会見を開き、「46年間も経営をやってきて、月単位でこんなに落ち込んだのは初めてだ」と語った。
 一方、熾烈を極める米中貿易摩擦は「米中経済冷戦」へと発展しつつあり、中国バブルの崩壊は避けられない。そして、この中国バブルの規模は、アメリカが20世紀の100年で使ったコンクリートをわずか3年で消費したというほど巨大なものなのだ。
 中国バブル崩壊が世界経済に与えるマグニチュードは、200年の近代経済学の経験では答えを導き出せないほど巨大なもの――人類史上最大の惨禍といっても過言ではない。そう、6600万年前に恐竜を絶滅させた巨大隕石のように、人類が経験したことのない「ディープインパクト不況」を招来するのだ!

製品情報

製品名 ディープインパクト不況 中国バブル崩壊という巨大隕石が世界経済を直撃する
著者名 著:真壁 昭夫
発売日 2019年11月22日
価格 定価 : 本体880円(税別)
ISBN 978-4-06-518274-1
判型 新書
ページ数 208ページ
シリーズ 講談社+α新書

著者紹介

著:真壁 昭夫(マカベ アキオ)

真壁昭夫(まかべ・あきお)
1953年、神奈川県に生まれる。法政大学大学院政策創造研究科教授。1976年、一橋大学商学部卒業後、第一勧業銀行に入行。ロンドン大学経営学部大学院、メリル・リンチ社への出向を経て、みずほ総合研究所調査本部主席研究員などを歴任。二〇〇五年から信州大学で、二〇一七年から法政大学で教鞭を執る。また、行動経済学会常任理事、FP協会評議委員も兼任する。
著書には、『20500年 世界経済の未来史: 経済、産業、技術、構造の変化を読む!』(徳間書店)、『MMT(現代貨幣理論)の教科書』(ビジネス教育出版社)、『仮想通貨で銀行が消える日 』(祥伝社新書)などがある。

オンライン書店で見る