四肢奮迅

シシフンジン
  • 電子あり
四肢奮迅
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「歩くことに関して、私の身体は『三重苦』なんだそうである。

一つ目は、両膝がないこと。
二つ目は、両手がないこと。
そして三つめは、歩いた経験がないということ。
それでも私は、歩けるようになりたい。
私が歩くことで、障害がある人にもない人にも、勇気を感じてもらえるのなら」
                              ――「あとがき」より

両手両足のない乙武洋匡が歩く! 2017年10月にスタートし現在進行中の「乙武義足プロジェクト」の全貌を描きます。日本人初となる四肢欠損者の二足歩行への挑戦――その苦悩と歓喜を描いたノンフィクション作品です。

目次

  • 目次より――
  • 一 「ぼく、義足はイヤだ!」
  • 二 義足エンジニアとの出会い
  • 三 プロフェッショナルたち
  • 四 三重苦の身体
  • 五 理学療法士「ウッチー」の登場
  • 六 10メートル達成!
  • 七 義足と義手の不思議な関係
  • 八 みんなで歩いた「20メートル」

製品情報

製品名 四肢奮迅
著者名 著:乙武 洋匡
発売日 2019年11月01日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-517668-9
判型 四六変型
ページ数 258ページ
初出 本書は、Webメディア「note」「FRaU Web(現代ビジネス)」での連載(2019年4~9月)に加筆したものです。

著者紹介

著:乙武 洋匡(オトタケ ヒロタダ)

乙武洋匡 おとたけひろただ
1976年、東京都生まれ。1998年、大学在学中に上梓した『五体不満足』は600万部のベストセラーに。2000年3月に早稲田大学政経学部卒業後、スポーツライター、小学校教諭などを務める。おもな著作に、『だいじょうぶ3組』『自分を愛する力』『車輪の上』『ただいま、日本』などがある。現在は、執筆、講演活動のほか、インターネットテレビ「Abema TV」の報道番組『Abema Prime』の金曜MCとしても活躍している。

オンライン書店で見る