たそがれどきに見つけたもの

講談社文庫
タソガレドキニミツケタモノ
  • 電子あり
たそがれどきに見つけたもの
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

人生を八十年とし、それを四で割ってみた。
四は四季の四である。
すると、今年五十のわたしは、秋の真んなかにいた――。

どこにでもある日々が、ここにしかない物語に変わる。
山本周五郎賞受賞&直木賞候補作『平場の月』の著者による、
大人の心に寄り添う、切なく優しい短編集。

製品情報

製品名 たそがれどきに見つけたもの
著者名 著:朝倉 かすみ
発売日 2019年10月16日
価格 定価 : 本体620円(税別)
ISBN 978-4-06-517273-5
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2016年2月、小社より単行本として刊行されました。

著者紹介

著:朝倉 かすみ(アサクラ カスミ)

1960年、北海道生まれ。2003年「コマドリさんのこと」で第37回北海道新聞文学賞、’04年「肝、焼ける」で第72回小説現代新人賞、’09年『田村はまだか』で第30回吉川英治文学新人賞、’19年『平場の月』で第32回山本周五郎賞を受賞。その他の著作に『好かれようとしない』『ロコモーション』『ともしびマーケット』『感応連鎖』『てらさふ』『遊佐家の四週間』『乙女の家』『満潮』『ぼくは朝日』などがある。

オンライン書店で見る