大原御幸 帯に生きた家族の物語

講談社文庫
オハラゴコウオビニイキタカゾクノモノガタリ
  • 電子あり
大原御幸 帯に生きた家族の物語
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「父がほんまに愛し抜いてくれたんは、このうちだけや」

帯で栄華を極めた男と、父に心酔する娘。
贅沢に彩られ昭和の激流を生きた、濃厚なる家族の歴史。

着物黄金時代の京都、帯の意匠で一時代を築いたうちの父は、ほんまに立派な人やった。
戦中は東条英機はんの私設秘書として飛び回り、戦後の活況で稼いだ財産は、祇園や道楽できれいに使う。
あんなに辛い目に遭っても生きてこれたんは、みんな父のお陰や。濃厚な家族の歴史を、
きらびやかに描き切る会心作!

製品情報

製品名 大原御幸 帯に生きた家族の物語
著者名 著:林 真理子
発売日 2019年11月14日
価格 定価 : 本体620円(税別)
ISBN 978-4-06-518081-5
判型 A6
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2014年10月に小社より単行本として刊行されました。

著者紹介

著:林 真理子(ハヤシ マリコ)

1954年山梨県生まれ。日本大学藝術学部卒業。コピーライターを経て、1982年にエッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』を出版、ベストセラーに。1986年「最終便に間に合えば/京都まで」で直木賞、1995年『白蓮れんれん』で柴田錬三郎賞、1998年『みんなの秘密』で吉川英治文学賞を受賞。2018年には、長年にわたる作家としての功績で、紫綬褒章を受章した。他の著書に『野心のすすめ』『正妻 慶喜と美賀子』『最高のオバハン 中島ハルコの恋愛相談室』『愉楽にて』など多数。

オンライン書店で見る