時を壊した彼女 7月7日は7度ある

文芸(単行本)
トキヲコワシタカノジョ7ガツ7カハ7ドアル
  • 電子あり
時を壊した彼女 7月7日は7度ある
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

何度、何度、何度くり返しても
彼の死だけが変わらない

星夜の学校を襲った悲劇と、くり返す夏の日。
命がけの青春を、私達は生きている。
運命と戦う高校生達のタイムリープ×本格ミステリ

☆☆☆

7月7日。部活仲間5人のささやかな七夕祭りを、謎の爆発が襲った。
その爆発は、部長を激しく吹き飛ばし殺害してしまう。

原因は、未来からきた少女2人。
彼女らはタイムマシンをハイジャックした挙げ句、爆発させてしまったのだ。

部長の理不尽な死をなかったことにすべく、彼らは協力して過去を書き換えようとする。
だが、時を繰り返すたび、なぜか犠牲者は増えていってしまい──

遡れるのは計7回、無限に思える選択肢。
繰り返す青春の1日は、命がけだ。

製品情報

製品名 時を壊した彼女 7月7日は7度ある
著者名 著:古野 まほろ
発売日 2019年10月17日
価格 定価 : 本体2,600円(税別)
ISBN 978-4-06-517088-5
判型 四六
ページ数 554ページ

著者紹介

著:古野 まほろ(フルノ マホロ)

東京大学法学部卒業。リヨン第三大学法学部第三段階「Droit et Politique de la Securite」専攻修士課程修了。なお学位授与機構より学士(文学)。警察庁I種警察官として、交番、警察署、警察本部、海外、警察庁等で勤務の後、警察大学校主任教授にて退官。2007年、『天帝のはしたなき果実』で第35回メフィスト賞を受賞しデビュー。有栖川有栖・綾辻行人両氏に師事。その後、「天帝」シリーズ(講談社ノベルス、幻冬舎)をはじめ、著作多数。

オンライン書店で見る