ザ・ネクストバンカー 次世代の銀行員のかたち

講談社現代新書
ザネクストバンカージセダイノギンコウインノカタチ
  • 電子あり
ザ・ネクストバンカー 次世代の銀行員のかたち
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

【これからの銀行員に必要な資質・能力とは?】

【金融業界「脱ノルマ」の答えがここにある!】

日銀のマイナス金利政策の長期化で収益力が萎え、デジタル化の波が押し寄せ、
やがて銀行員の仕事を奪っていく――。

そんな将来の不安から、転職の準備をする銀行員もいるという。

だが、厳しい収益環境が続く中でも、独自のスタイルで顧客や部下の
信頼を集めている支店長、支社長たちが、この国にはいた。

本書では、3つのメガバンク・4つの地銀
それぞれを代表する12名のインタビューを収録。

“漠とした不安”を抱える部下に「惑わされるな」と檄を飛ばす“レジェンド支店長”
銀行業界で連綿と続くノルマ至上主義に背きながらも、着実に実績を残してきた“奇跡の支店長”
「部下を守るためには本部と戦うしかない」と息巻く“尖った支店長”

など、個性豊かな顔ぶれが登場する。

はたしてこれからの銀行員、銀行支店長に必要な資質、
組織運営と人材育成のヒントとは?

“伝説の支店長”12人が、そのノウハウをすべて明かす!

・・・・・・・・・・

「“銀行のルール”なんて変えてもいい」「目先の目標未達を恐れない」
「“まるで昭和”な社内行事を開催」「支店長は“ちょっとポンコツ”ぐらいでいい」
「本部の言い分をすべて聞いたら支店業務は回らない」「どうやって部下の才覚を見出すか」
「“最後の砦”としての覚悟」「“会社のために働け”は通用しない」
「ずっと1位をとる必要などない」「昔ながらの押し付けが組織をダメにする」
「本部による評価はどうでもいい」「仕事は性悪説、評価は性善説で」
「隠し事を報告せよ、すべて許す」「本部から20年ぶりに現場復帰」
「35年現場一筋の意地」……

これまでの銀行の常識を疑い、これからの銀行員のかたちを知るための書。

・・・・・・・・・

【本書に登場する銀行】
みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行
伊予銀行、埼玉りそな銀行、静岡銀行、みちのく銀行(順不同)

目次

  • 第1部 これまでの「銀行の常識」を疑え――伝説のバンカーが指南する支店長としての覚悟と矜持
  • 1 “漠とした不安”に惑わされるな みずほ銀行 奥山誠一
  • 2 「ノルマ撤廃」で顧客満足「最大化」を目指す 三井住友銀行 河原田岩夫
  • 3 部下を守るためには本部と戦うしかない 伊予銀行 矢野一成
  • 4 銀行論理の発想は絶対に許さない 埼玉りそな銀行 清水正幸
  • 5 着任3ヵ月で支店の雰囲気を変える みずほ銀行 飛田俊樹
  • 6 評価が最下位でも「よかった」わけ 三菱UFJ銀行 南里彩子
  • 第2部 これからの「銀行員のかたち」――伝説のバンカーが伝授する組織運営と人材育成のヒント
  • 7 “立派な銀行員”を育てようとは思わない 三井住友銀行 竹巻三千子
  • 8 支店長は「のめり込まない」ほうがいい 静岡銀行 大橋弘
  • 9 銀行のルールは「絶対」ではない 三菱UFJ銀行 川井仁
  • 10 すべて許すから隠し事を報告せよ みちのく銀行 浅利健一
  • 11 本部から20年ぶりに現場復帰 三菱UFJ銀行 正岡秀臣
  • 12 一人一冊!「部下別ノート」を作る理由 三井住友銀行 右田耕司

製品情報

製品名 ザ・ネクストバンカー 次世代の銀行員のかたち
著者名 著:浪川 攻
発売日 2019年08月21日
価格 定価 : 本体860円(税別)
ISBN 978-4-06-516849-3
通巻番号 2534
判型 新書
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:浪川 攻(ナミカワ オサム)

経済ジャーナリスト。1955年東京都生まれ。上智大学卒業後、電機メーカー勤務を経て記者となる。金融専門誌、証券業界紙を経験し、1987年株式会社きんざいに入社。「週刊金融財政事情」編集部でデスクを務める。1996年退社し、ペンネームで金融分野を中心に取材・執筆。月刊誌「Voice」の編集・記者、1998年に東洋経済新報社と記者契約を結び、2016年フリーとなって現在に至る。著書に『銀行員はどう生きるか』(講談社現代新書)、『地銀衰退の真実』(PHPビジネス新書)、『金融自壊――歴史は繰り返すのか』『前川春雄「奴雁」の哲学』(以上、東洋経済新報社)、『銀行員は生き残れるか』(悟空出版)などがある。

オンライン書店で見る