北斎まんだら

講談社文庫
ホクサイマンダラ
  • 電子あり
北斎まんだら
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

信州小布施の豪商、高井家の惣領息子・三九郎は、かの有名な絵師の葛飾北斎に会うために江戸へやって来た。浅草の住まいを訪ねてみると、応対してくれたのは娘のお栄。弟子入りを志願するもまともには取り合ってもらえず、当の北斎はどこかへ出かける始末。美人画で有名な絵師の渓斎英泉こと善次郎にはかまってもらえるが、火事見物につき合わされたり、枕絵のモデルをやらされたりで、弟子入りの話はうやむやのまま。そんな折、北斎の放蕩な孫・重太郎が奥州から江戸に戻ってきたことが伝わる。同じころ、北斎の枕絵や鍾馗の画の贋作が出回る事件が出来し、重太郎に疑いの目が向けられるが……。

製品情報

製品名 北斎まんだら
著者名 著:梶 よう子
発売日 2019年08月09日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-516836-3
判型 A6
ページ数 384ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2017年2月、小社より単行本として刊行されたものです。

著者紹介

著:梶 よう子(カジ ヨウコ)

東京都生まれ。'05年「い草の花」で九州さが大衆文学賞大賞を受賞。'08年「一朝の夢」で松本清張賞を受賞し、同作で単行本デビューを果たす。’15年、幕末に浮世絵を守り抜こうとした絵師たちの姿を描いた『ヨイ豊』で第154回直木賞候補になり、歴史小説家として大いに注目さる。その他の著書に『花しぐれ 御薬園同心 水上草介』『連鶴』『墨の香』『父子ゆえ 摺師安次郎人情暦』『赤い風』『はしからはしまで みとや・お瑛仕入帖』『番付屋新次郎世直し綴り』『お茶壺道中』『とむらい屋颯太』などがある。

オンライン書店で見る