しあわせなハリネズミ

シアワセナハリネズミ
著・作:藤野 恵美 イラスト・装画:小沢 さかえ
  • 電子あり
しあわせなハリネズミ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

幼年童話からYA、一般文芸まで幅広く活躍する藤野恵美氏による、大人もこどもも楽しめる、少しビターで心温まる新作絵童話。(毎日新聞の「読んであげて」での連載を改稿)

ともだちがいないけれど ひとりでもへいきなハリネズミは、考えることが大好き。うさぎがバラの花をつけて自慢しても、きみにそんなものは似合わない、といつでも思ったとおりのことを言います。背中のはりだけでなく、言葉もちくちくしているのです。そんなハリネズミがある日、「たべられないし、やくにもたたない」どろだんごをつくっているもぐらと出会います。

小沢さかえ氏による油彩カラーとペン画の挿絵も豊富に掲載。

もくじ
さんぽ/であい/しごと/はちみつ/よあけ

ハリネズミには、ともだちがいませんでした。
 森もりをあるくときも、ひとりです。
 けれど、まったく、きにしていません。
 ひとりしずかにあるいていると、小こ
鳥とりのさえずりが、よ
くきこえます。ひとりしずかにあるいていると、はっぱの
ざわめきが、よくきこえます。だれにもじゃまされず、ひと
りしずかにあるくことが、ハリネズミはすきでした。
 森もりには、おそろしいどうぶつもいます。
 でも、だいじょうぶ。
 ハリネズミのせなかには、するどいハリがあります。
 じぶんの身は、じぶんでまもれます。だから、ハリネズミはひとりでもへいきなのです。─本文より。

製品情報

製品名 しあわせなハリネズミ
著者名 著・作:藤野 恵美 イラスト・装画:小沢 さかえ
発売日 2019年10月18日
価格 定価 : 本体1,350円(税別)
ISBN 978-4-06-516879-0
判型 A5
ページ数 130ページ
初出 この作品は、毎日新聞2018年10月1日~10月31日「読んであげて」に掲載された作品に加筆・修正したものです。

著者紹介

著・作:藤野 恵美(フジノ メグミ)

藤野恵美
『七時間目の怪談授業』『七時間目の占い入門』『お嬢様探偵ありすと少年執事ゆきとの事件簿』(講談社・青い鳥文庫)をはじめ、『怪盗ファントム&ダークネス』シリーズ(ジャイブ・カラフル文庫)、『世界で一番のねこ』(アリス館)ほか、一般書ではコージーミステリ短編集『ハルさん』(東京創元社)が話題となり、2017年にテレビドラマ化されるなど児童、一般書の両部門で活躍。『しあわせなハリネズミ』は「ひとりで過ごすのが好き」だという息子をモデルにして書かれた。

イラスト・装画:小沢 さかえ(オザワ サカエ)

小沢さかえ(おざわさかえ)
1980年生まれ。京都造形芸術大学芸術学部洋画コース卒業。2004年から2008年まで、ウィーン造形美術大学に留学。主にMORI YU GALLERY で展示発表を行うほか、国立国際美術館でのグループ展に参加。台湾、香港でも個展を開催している。絵本作品に『ほしをもったひめ―セルビアのむかしばなし』(八百板洋子・文/福音館書店)、『チャーちゃん』)保坂和志・文/福音館書店)、挿絵を担当した作品に『岸辺のヤービ』(梨木香歩・作/福音館書店)がある。

おすすめの本

オンライン書店で見る