青空に飛ぶ

講談社文庫
アオゾラニトブ
  • 電子あり
青空に飛ぶ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

命の終わりは自分で決めるものじゃない。

人生に絶望した孤独な少年が出会ったのは、「不死身の特攻兵」と呼ばれた人だった。
過去と今と、「生きること」をめぐる奇跡の物語。

青空の下、中学二年の萩原友人は、屋上から飛ぶことを考えたいた。死んでしまえば、いじめは終わる--。そんな時出会ったのは、太平洋戦争時、特攻隊に選ばれ9回も出撃しながら生還したという人、佐々木友次だった。
「死ぬのが当然という状況で、どうして“生きよう”と思い続けられたんだろう」
佐々木が所属した陸軍万朶隊の物語、そして佐々木自身の言葉を前に、友人の傷ついた心は少しずつ前を向きはじめるが……。

時代を超えて「生きる」とは何かを問う、心揺さぶる感動の一作。

小説版『不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか』

製品情報

製品名 青空に飛ぶ
著者名 著:鴻上 尚史
発売日 2019年08月09日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-516580-5
判型 A6
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2017年8月に小社より単行本として刊行されました。

著者紹介

著:鴻上 尚史(コウカミ ショウジ)

1958年愛媛県生まれ。早稲田大学法学部卒業。作家・演出家・映画監督。大学在学中の1981年、劇団「第三舞台」を旗揚げする。'87年『朝日のような夕日をつれて'87』で紀伊國屋演劇賞団体賞、’94年『スナフキンの手紙』で岸田國士戯曲賞を受賞。2008年に旗揚げした「虚構の劇団」の旗揚げ三部作戯曲集「グローブ・ジャングル」では、第61回読売文学賞戯曲・シナリオ賞を受賞した。著書に『あなたの魅力を演出するちょっとしたヒント』『八月の犬は二度吠える』(ともに講談社文庫)、『青空に飛ぶ』、『不死身の特攻兵』(いずれも講談社)などがある。

オンライン書店で見る