モナリザの微笑 ハクスレー傑作選

講談社文芸文庫
モナリザノホホエミハクスレーケッサクセン
  • 電子あり
モナリザの微笑 ハクスレー傑作選
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

機械文明の発達により便利になった世界がかえって人間性の喪失につながるという、まさに21世紀の世界が直面する問題を描いたディストピア小説『すばらしい新世界』のハクスレーによる、傑作短篇集。モームやヘンリー・ジェイムズの名訳者として知られる行方昭夫氏が、作風の異なる5つの短篇を精選し、訳し下ろしました。科学、数学から美術、音楽、哲学にいたるまで、博学で知られるハクスレーの面目躍如たる作品集です。収録作:「モナリザの微笑」「天才児」「小さなメキシコ帽」「半休日」「チョードロン」

目次

  • モナリザの微笑
  • 天才児
  • 小さなメキシコ帽
  • 半休日
  • チョードロン

製品情報

製品名 モナリザの微笑 ハクスレー傑作選
著者名 著:ALDOUS LEONARD HUXLEY 訳:行方 昭夫
発売日 2019年06月12日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-516280-4
判型 A6
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社文芸文庫

著者紹介

著:ALDOUS LEONARD HUXLEY(オルダス ハクスレー)

オルダス・ハクスレー(Aldous Leonard Huxley)
小説家、批評家。1894年、イギリス生まれ。代表作に、音楽の対位法を小説に導入した『恋愛対位法』(1928年)、ディストピア小説『すばらしい新世界』(32年)、半自伝的小説『ガザに盲いて』(36年)他がある。1963年没。

訳:行方 昭夫(ナメカタ アキオ)

行方昭夫(なめかた・あきお)
英文学者、翻訳家。1931年東京生まれ。東京大学教養学部卒業。東京大学名誉教授。ヘンリー・ジェイムズやサマセット・モームなどの翻訳のほか、その正確な読解力で雑誌「英語青年」の英文解釈講座を長年にわたり担当する。

オンライン書店で見る