ジョン・マン 7 邂逅編

文芸(単行本)
ジョンマン7カイコウヘン
  • 電子あり
ジョン・マン 7 邂逅編
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

一八四九年、捕鯨船フランクリン号は無事、ニューベッドフォードに帰港した。万次郎らは船首協会に出向き、デイヴィス船長が航海途中で精神に異常を来したことなど、航海の報告をする。仲間と日本に帰るという夢をなんとしても叶えるため、万次郎はあることを決断する。ますます熱い、ジョン・マンシリーズ、第七弾!


郷土の先達、中浜万次郎ことジョン・マンの奇跡の生涯。鎖国日本から漂流し、初めてアメリカの地で生活を送り、初めて地球を一周し、自力で帰国した誇るべき日本人の物語!

製品情報

製品名 ジョン・マン 7 邂逅編
著者名 著:山本 一力
発売日 2019年07月18日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-516119-7
判型 四六
ページ数 290ページ
初出 「小説現代」2017年6月号~10月号、12月号、2018年1月号~3月号、5月号~7月号、9月号、10月号。

著者紹介

著:山本 一力(ヤマモト イチリキ)

山本一力 (やまもと・いちりき)
1948年高知県高知市生まれ。都立世田谷工業高校卒業。14歳のときに上京し、高校卒業後、旅行代理店、広告制作会社、商社など十数種の職業を経験。1997年、「蒼龍」で第77回オール讀物新人賞を受賞。2002年、『あかね空』で第126回直木賞を受賞。他の著書に『損料屋喜八郎始末控え』『深川黄表紙掛取り帖』『牡丹酒 深川黄表紙掛取り帖』『まとい大名』『銀しゃり』『菜種晴れ』『いすゞ鳴る』『たまゆらに』『龍馬奔る 少年篇』『とっぴんしゃん』『朝の霧』『五二屋傳蔵』『戌亥の追風』『桑港特急』『サンライズ・サンセット』『カズサビーチ』『落語小説集 芝浜』などがある。本書は、雑誌およびWEB連載時の「金鉱編」を改題。

オンライン書店で見る