みつきの雪

ミツキノユキ
著・作:眞島 めいり イラスト:牧野 千穂
  • 電子あり
みつきの雪
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 信州の村にすむ小学五年生の少女・満希は、都会からの山村留学生、行人と気の合う友人へとなっていく。
やがてふたりは同じ高校に進んだが、満希は地元で農家を継ぐことになり、行人は遠くの医大への進学を希望していた。
卒業式前日、中学時代にふたりで訪れた村の図書館で、行人は山村留学を選んだ理由を初めて語り始める。「第21回ちゅうでん児童文学賞」大賞受賞作品。(選考委員:斉藤洋、富安陽子、鷲田清一の各氏)

ひとつひとつのエピソードが、時間のはなれた前後のエピソードと有機的につながっているからでしょう。そのつなげ方が、この作家はうまいのです。──斉藤 洋

よく磨かれた丁寧な言葉で紡がれた美しい物語でした。だから、言葉と言葉が響き合い読む人の心を震わせます。 ──富安陽子

 「力のこもる指先の爪が白く変わっていく」。この表現に心底、ふるえた。─中略─
著者のそういう筆致は、もはや児童文学という枠を突き抜けていると思う。──鷲田清一

製品情報

製品名 みつきの雪
著者名 著・作:眞島 めいり イラスト:牧野 千穂
発売日 2020年02月03日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-518129-4
判型 四六
ページ数 162ページ
シリーズ 文学の扉
初出 本作品は、第21回ちゅうでん児童文学賞大賞受賞作品です。

著者紹介

著・作:眞島 めいり(マシマ メイリ)


2019年、本作『みつきの雪』にて、ちゅうでん児童文学賞大賞受賞。

イラスト:牧野 千穂(マキノ チホ)

2001年 装画を描くコンペティションVol.1 準グランプリ入賞 、2003年 TIS公募プロ部門 銀賞 。2009年「魔法使いの弟子たち」(作・井上夢人)で第40回講談社出版文化賞受賞。絵本『うきわねこ』 『ゆきがふる』(蜂飼耳・文)怪談えほん『くうきにんげん』(文・綾辻行人) 書籍装画『羊と鋼の森』(宮下奈都・著)など多数。

オンライン書店で見る