少女は鳥籠で眠らない

講談社文庫
ショウジョハトリカゴデネムラナイ
  • 電子あり
少女は鳥籠で眠らない
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

15歳の少女に淫行をしたとして21歳の家庭教師が逮捕された。 家庭教師は示談条件である接近禁止を拒否し、起訴は免れない状況に。困惑する新米弁護士の前に現れた被害者少女は、弁護士を振り回し予想も出来ない行動に出る。法と対峙して生き抜く者たちを、 現役弁護士が感動的に描く連作リーガル・ミステリ!

目次
黒野葉月は鳥籠で眠らない
石田克志は暁に怯えない
三橋春人は花束を捨てない
小田切惣太は永遠を誓わない

「ただ、覚えておけばいいよ。絶対に欲しいものが決まってる人間が、どれだけ強くて、怖いものかを……」法の奥深くへ分け入り、新米弁護士木村と先輩高塚のコンビが知る、四つの秘密。予測不能の事件の行方。加害者も、被害者も――相談者たちは、一様に何かを隠している。鮮烈な読後感の連作リーガル・ミステリ!

©kyoya Origami 2019

製品情報

製品名 少女は鳥籠で眠らない
著者名 著:織守 きょうや
発売日 2019年07月12日
価格 定価 : 本体720円(税別)
ISBN 978-4-06-515563-9
判型 A6
ページ数 368ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2015年3月に講談社から刊行された『黒野葉月は鳥籠で眠らない』を改題しました。

著者紹介

著:織守 きょうや(オリガミ キョウヤ)

織守きょうや (おりがみ・きょうや)
1980年、英国ロンドン生まれ。2013年、『霊感検定』で第14回講談社BOX新人賞Powersを受賞しデビュー。以降、弁護士として働く傍ら小説を執筆する。2015年、『記憶屋』で日本ホラー小説大賞読者賞を受賞。同年、本書(刊行時タイトル『黒野葉月は鳥籠で眠らない』)が「このミステリーがすごい! 2016年版」「2016本格ミステリ・ベスト10」で高順位に評価される。著書には「記憶屋」シリーズ(全3巻)「霊感検定」シリーズ(全3巻)のほか、『SHELTER/CAGE(シェルター ケイジ)』『301号室の聖者』『世界の終わりと始まりの不完全な処遇』『ただし、無音に限り』などがある。

オンライン書店で見る