酔芙蓉

文芸(単行本)
スイフヨウ
  • 電子あり
酔芙蓉
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

武士の世の到来を告げ、貴族の支配を終わらせた平安末期の「保元・平治の乱」。

長承三(1134)年。父を亡くした11歳の藤原忠雅は、白い花を携えて末茂流への婿入りの日を迎えていた。
手に持つのは、明け方から夕方にかけて色を少しずつ変化させる「酔芙蓉」。
その邸で完璧なまでに整った容貌を持つ美少年・藤原隆季と出会う。
低い家柄である隆季は、やがてその美貌ゆえに権力者たちの我欲に翻弄されていく。
だが龍のごとき男・平清盛と盟を結び、隆季は家のため、出世の階段を登り始める。

守るべきは心か、家か--
ーー政争を繰り返す貴族たちから一族を守るため、青年は美しき冷たい仮面を被った--
高貴な家柄を持つ男と、類い稀なる美貌を持つ男の運命は。

製品情報

製品名 酔芙蓉
著者名 著:篠 綾子
発売日 2019年05月30日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-515559-2
判型 四六
ページ数 362ページ

著者紹介

著:篠 綾子(シノ アヤコ)

1971年埼玉県生まれ。東京学芸大学卒業。2000年、『春の夜の夢のごとく 新平家公達草紙』で第4回健友館文学賞を受賞し、デビュー。'05年、「虚空の花」で九州さが大衆文学賞佳作、'17年、「更紗屋おりん雛形帖」シリーズで第6回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞をそれぞれ受賞。 他の著者に「江戸菓子舗照月堂」「絵草紙屋万葉堂」シリーズ、『白蓮の阿修羅』『青山に在り』などがある。

オンライン書店で見る