恐怖小説キリカ

講談社文庫
キョウフショウセツキリカ
  • 電子あり
恐怖小説キリカ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

恐怖、また来る。デビュー作(日本ホラー小説大賞『ぼぎわんが、来る』)、戦慄の舞台裏。ああ最愛の妻までも……

大きな文学賞を総ナメにしている錚々たる作家たちが選考委員を務める新人文学賞を獲得した「僕」。隣には最愛の妻・キリカ。作家デビューは順風満帆かと思われたが、友人が作品を曲解して、「作家とは人格破綻者である」「作家は不幸であるべき」と一方的な妄想を僕に押し付け、執拗な嫌がらせをはじめる。しかしその結果、僕は妻のとんでもない秘密を隠し切れなくなり……これぞ最恐のサイコ・ホラー!

©Ichi Sawamura 2019 

製品情報

製品名 恐怖小説キリカ
著者名 著:澤村 伊智
発売日 2019年04月16日
価格 定価 : 本体760円(税別)
ISBN 978-4-06-515268-3
判型 A6
ページ数 400ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2017年1月、講談社から単行本として刊行されました。

著者紹介

著:澤村 伊智(サワムラ イチ)

さわむら・いち 
1979年、大阪府生まれ。2015年『ぼぎわんが、来る』(受賞時のタイトルは「ぼぎわん」)で第22回日本ホラー小説大賞<大賞>を受賞。同作は鋭い恐怖描写と卓抜した構成力で大きな反響を呼ぶ。つづく『ずうのめ人形』は山本周五郎賞候補になり、ホラー小説界及びエンターテイメント小説界の次世代を担う旗手として注目を集める。『ぼぎわんが、来る』は中島哲也監督により『来る』として映画化され、澤村ホラーは日本中を怖さのどん底に突き落とす。作品には他に『などらきの首』『ししりばの家』『予言の島』などがある。

オンライン書店で見る