天才ルーシーの計算ちがい

テンサイルーシーノケイサンチガイ
天才ルーシーの計算ちがい
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ルーシーはある日、雷に打たれて、数学の天才になってしまいました。でも、変わったのは良いことばかりではなく、潔癖症になり、学校に行けなくなりました。大学進学だって可能な12歳のある日、おばあちゃんがルーシーに課題を出します。それは、中学校に1年間通い、友だちを1人作ること、課外活動1つに参加し、数学の教科書以外の本を1冊読むことでした。このミッションが、ルーシーの人生を大きく変えるのでした。


カーカスレビューや学校図書館ジャーナルでも高評価! NPR ベストブックスオブザイヤー、カーカスレビュー ベストブックスオブザイヤー選出作品。

ルーシーはある日、雷に打たれて、数学の天才になってしまいました。でも、変わったのは良いことばかりではなく、潔癖症になり、学校に行けなくなりました。数学専門のSNSでも認められる存在となり、大学進学だって可能といわれた12歳のある日、おばあちゃんがルーシーに課題を出します。それは、中学校に1年間通い、友だちを1人作ること、課外活動1つに参加し、数学の教科書以外の本を1冊読むことでした。このミッションは、ルーシーにとって大変でしたが、彼女の運命は大きく変わり始めるのです……。清々しく、勇気がもらえ、ほろりとくる物語です。

製品情報

製品名 天才ルーシーの計算ちがい
著者名 著:ステイシー・マカナルティ 訳:田中 奈津子
発売日 2019年04月25日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-515262-1
判型 四六
ページ数 290ページ
シリーズ 文学の扉

著者紹介

著:ステイシー・マカナルティ(ステイシー・マカナルティ)

ニューヨーク生まれ。8年間のエンジニア生活を経て、作家としてデビュー。絵本の代表作は『LOVE』『EARTH! My First 4.54 Billion Years』『Excellent Ed』など。本書が小説として第1作目となる。3人の子どもと3匹の犬、夫と暮らす。

訳:田中 奈津子(タナカ ナツコ)

翻訳家。東京都生まれ。東京外国語大学英米語学科卒。『はるかなるアフガニスタン』が第59回青少年読書感想文全国コンクール課題図書に、『アラスカの小さな家族 バラードクリークのボー』が厚生労働省社会保障審議会推薦児童福祉文化財に選ばれている。翻訳は他に『こちら「ランドリー新聞」編集部』『ぼくたち負け組クラブ』(以上、講談社)、『夢へ翔けて』(ポプラ社)など。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス